おおいた豊後大野ジオパーク

犬飼石仏

犬飼石仏〜豊かな資源と景観〜

犬飼石仏

犬飼石仏は、阿蘇-4火砕流堆積物の断崖に不動明王坐像・二童子立像の三尊が刻まれた磨崖仏で、昭和9年に国史跡に指定されました。

阿蘇-4の下には、阿蘇-4/3間の降下火砕物が明瞭な境界を成しており、同じく阿蘇溶結凝灰岩を利用した南北朝時代の宝篋印塔・五輪塔や磨崖名号があり、凝灰岩の岩壁そのものが宗教的意味を持つ空間となっています。

造顕年代は鎌倉時代まで下ると考えられますが、発願者は不明です。

敷地内には、与謝野晶子が「犬飼の 山の石佛 龕(ずし)さえも ともに染めたり 淡き朱の色」と詠んだ歌碑が建てられています。

地図を拡大する

ページの先頭へ