おおいた豊後大野ジオパーク

御嶽山「仙の嶽」ヘッダー画像pc用

御嶽山「仙の嶽」〜豊かな資源と景観〜

御嶽山「仙の嶽」ヘッダー画像pc用

「仙の嶽」は、御嶽神社西方の竣立した岩峰を指し、ジュラ系泥質メランジュ層のなかに幅約500m、長さ約3km にわたって取り込まれた層状チャートが尾根を形成したものです。

山頂からは、大野川盆地、東に四国、西に阿蘇山、南西に祖母・傾山系、北に九重連山を見渡すことができ、市指定名勝でもあります。

この仙の嶽は、大友家十四代「親隆」が戦勝祈願した行縢山の神を勧請した場所ともいわれ、その折、神主家に創始された御嶽神楽は、御嶽流神楽の元祖として重要無形民俗文化財に指定されています。同じく同地発祥の御嶽流獅子舞も市内外に広く伝播しており、大分県を代表する郷土芸能となっています。

御嶽山への登山道路は、延長4kmにわたって咲き誇る桜が見事で、春には多くの観光客が訪れるスポットでもあります。

地図を拡大する

ページの先頭へ