おおいた豊後大野ジオパーク

出会橋<!--出會橋-->・轟橋

出会橋・轟橋〜豊かな資源と景観〜

出会橋<!--出會橋-->・轟橋

出会橋(であいばし)と轟橋(とどろばし)は、大野川の支流奥岳川にかかるアーチ式石橋です。奥岳川は場所によって両岸が高い崖になっているところがありますが、その崖は当地の基盤層である阿蘇溶結凝灰岩でできています。
河川の浸食によってできた柱状節理の断崖は、壮観な景色ですがそこを渡ろうとするとその苦労は大変なものでした。
しかし、江戸時代の終わり頃にアーチ式石橋の建造技術が日本にもたらされると、日本の近代化ともあいまって次々とこの深い谷にアーチ式石橋がかけられるようになりました。


出会橋(であいばし)
大正11年(1922年)、豊肥線牧口駅(現豊後清川駅)が開業したことをきっかけに、大正13年(1924年)、轟・平石地域の人々によって架けられました。 出会橋の径間(石橋のアーチの距離)は、上流に架けられている轟橋に次ぐ日本第2位です。
<橋長32.2m、橋幅3.9m、径間29.3m>

轟橋(とどろばし)
昭和9年(1934年)、祖母傾国定公園の傾山麓に広がる国有林から多量の木材を切り出すために、森林鉄道を通す橋として2連のアーチ式石橋が完成しました。 昭和30年(1955年)にはこの鉄道は廃止。現在、轟橋は車道として使われていますが、道幅が足りないため、橋の両側を60㎝ほど拡幅し、現在の道路事情にあわせています。 なお轟橋の右岸側アーチの径間は日本一です。
<橋長68.5m、橋幅2.5m、径間32.1m/26.2m>

地図を拡大する

ページの先頭へ