おおいた豊後大野ジオパーク

原尻の滝

原尻の滝〜豊かな資源と景観〜

原尻の滝

原尻の滝は、大野川の支流、緒方川の水流によって阿蘇-4溶結凝灰岩が崩落してできた滝で、市名勝に指定されており、日本の滝百選にも選ばれています。

緒方平野に突如現れるこの滝は、幅が120m、高さ20mで、崖面には柱状節理を見ることができ、滝上の河床では多角形の亀裂が入った溶結凝灰岩の上面を観察することができるほか、滝上から滝つぼを見下ろす崖の縁まで容易に近づくことができます。

また滝つぼには、節理に従って崩落した凝灰岩が多数見られ、滝ができる過程を実際にふれることができる場所となっています。

滝の上流には、緒方平野左岸を灌漑する緒方上・下井路(用水路)取水口や、平野の右岸を灌漑する三区井路の取水口が設けられています。また滝の上流には緒方川を渡るための5連のアーチ式石橋の「原尻橋」が建設されています。

滝の右岸には、一宮八幡社、二宮八幡社が設けられ、左岸には三宮八幡社が設けられており、年に一度、三社の祭神が集う「緒方三社 川越しまつり(市指定無形民俗文化財)」が滝上の川岸で行われます。御輿が渡る川中には、神の道として鳥居が立てられています。

川越しまつりは、緒方三社建立の発願者である豊後武士「緒方三郎惟栄」を慰霊するもので、彼が手がけたとされる緒方下井路の取水口にも御輿が入ります。

地図を拡大する

ページの先頭へ